【管理職の方へ】パレートの法則から見る会社員の本質




パレートの法則は、マーケティングやビジネスで利用されている法則です。
「2:8の法則」、「80:20の法則」とも呼ばれています。

パレートの法則とは

全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという経験則のことです。

例えば・・・

  • 商品売上の8割は全商品のうち2割の商品が生み出している
  • 故障の8割は全部品の2割にある
  • プログラムの処理いかかる時間の80%はコード全体の20%が占める

このように、2割の事象が全体の8割を占めることを言います。

社内の人材にも当てはまる

この法則は人材にも当てはまります。
売上の8割は2割の社員によって生み出され、どの組織でも人材はだいたい下記のように分かれます。

優秀な人材:2割
業務はそれなりにこなす:6割
下位層:2割

では優秀な人材以外解雇すべきか、答えは「ノー」です。

例えば、ジャニーズの「嵐」が全員櫻井くんでは成り立ちません。
演技のうまい者、トークの達者な者など、それぞれ個性があってこそ成立します。全員櫻井くんではグループが機能しないでしょう。自分の立ち位置をわきまえながら自身の能力を発揮することでグループとしての価値が上がっているのです。

企業に必要な人材

考える管理職

企業に必要なのは2割の稼ぎ頭だけでなく、立場を見極め役割を全うする8割の社員こそ大切にすべきです。

もちろん2割の稼ぎ頭も大事ですが、その2割が活躍できるのは残り8割の社員のおかげなのです。

管理職の役割

報告資料

管理職にとって上位2割の社員は目に見える形で成果を上げてくるので、評価しやすいはずです。8割の社員の適正や役割を見極め活躍しやすい環境を作ることが管理職の重要な仕事の一つでしょう。

まとめ

8割は社員の大部分を占めます。
この大部分の社員が会社の印象や方向性を決定づけると言っても過言ではありません。

前衛(フォワード)だけが優れていても勝負には勝てないでしょう。
フォワードにつなぐ後衛を上手く活躍させてこそ企業は成長するのです。

経営者や管理職の方は、
なかなか思い通りに成果を上げてくれない社員には、活躍しやすい環境を与えられているか考えてみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です